断食は三日以上で効果がではじめる!行動力も気分も上がる!

2021年1月15日

こんにちは、ユッキーです。断食を経験してから食事や飲むものをかなり選ぶようになりました。自分の体に食べたもの飲んだものがかなり影響しているんだなと実感してからどんな効果があるのか知りたくて、調べてみました。

断食をしてからお菓子を食べると胸焼けがひどかったり、後味が気持ち悪く感じてしまい、スナック菓子など食べなくなりました。そのおかげで食費もうきます。

サユリ
サユリ

断食ってダイエットとか美容にもいいって話を聞くけど、どんな効果があるの?

なかなか実践する機会も少ないと思いますし、効果がわかったほうがより実践しやすくなると思うので、こちらに書いてみました。

この記事では「断食」の効果や僕自身の体験、大学の動物を使った研究結果などを載せています。

記事内広告

1断食で血がきれいに?東洋医学の考え方:病気の原因とは汚れた血液が原因

「あらゆる病気の原因は血液の汚れによる」東洋医学では血液の汚れが全ての病の原因とされています。そして血液が汚れる原因の多くは飲食によるところが大きいんです。

体毒による血液の汚れ、そして体毒は食べ過ぎによるところが大きいといわれています。毒で汚染された体は生命力を失い肥満や老化、肌荒れなどを引き起こしやがてさまざまな病気になるんです。

食べる量を半分にすれば寿命が伸びる?

すき放題に食べさせたサルと食事制限をさせたサルの話を聞いたこととかありませんか?

たとえば1935年に行われた米コーネル大の実験ではマウスのえさのカロリーをそれまでの6割に制限しました。すると腹いっぱい10割の量を食べたマウスに比べて寿命は約2倍にのびた!つまり腹6分で2倍若返ったのです。ほかにも小食で寿命が2倍に延びたという報告はあります。 

60匹のサルを腹7分組と腹10部組の2組に分けて観察した実験です。15年間、観察を続けた結果、小食のグループのサルたちの死亡率は、腹いっぱいのサルたちの2分の一でした。つまり小食にすると2倍生きるのです。

超小食で女は20歳若返る。

断食が難しい場合は食事に量を少なくするという方法もあります。

ユッキー

小食のほうが寿命が延びる、寿命が長いということは老化のスピードも遅いということ。同じ年齢でも老け方が変わってくるので、美容にもお勧めです。

2.断食をすると心身の能力が高まってくる

小食にまつわる言葉というものがあります。

「腹八分で医者要らず」「腹6分で老いを忘れる」「腹4分で神に近づく」これはヨガに伝わる言葉なんですが小食であるほど病気から遠ざかり老いから離れ、そして心も穏やかになる。

体内にたまった毒素の量に伴って感情などもみだれやすくなる、実際同じ家族でも小食で過ごした人と、大食いの人では気性の荒さなども違います。

きっと腸内環境がよくなったことや、胃や腸の負担が減って炎症がおさまったりなど、体の内部の変化が大きいんだと思います。人間の腸には1000種を超える腸内細菌が100兆個を超える細菌がいるので、そうした菌の働きがホルモンや脳に対しても働きかけるので、その影響もあると思います。

さらには人間の体の中にカビが発生することも、その体内のカビが精神面にも肉体面にも悪さをしてしまうんです。断食をすることでカビ菌のえさが途絶えるのでカビの繁殖も収まり、体調もよくなったりします。

3・断食をしていた偉人の言葉

発明家で有名だったトーマス・エジソンも小食で有名だったそうですよ。あの想像力は小食からうまれたものかもしれません。

医学の祖として有名なヒポクラテス「満腹が原因の病気は空腹によって癒される」

古代ギリシャ哲学者ピタゴラス  
「食べすぎほど恐ろしい害はない、人の病気は過食からである、なるべく少なく食せよ。しからば、汝の体も丈夫となる。精神も気高くなり、病の神も汝をどうすることもできなくなる」

「断食すれば汝の頭はさえわたるであろう」

上記の哲学者ピタゴラスは小食であると同時に菜食主義でもあったそうです。肉は食べずに黒パン、野菜、フルーツ、蜂蜜などの自然食を一日二回たべて99歳まで生きています。

小食で精神が気高くなるというのは、みんなが小食になったひょっとしたらもっと平和になって人間関係の問題も減るんじゃないかなと思います。そうなったらいいですねー。

4・小食であればあるほど細胞が守られる

人間の体は60兆の細胞でできているといいますが、たくさん食べると酸化したたんぱく質や脂質などの影響や、糖化、活性酸素の発生などで細胞が傷つくといわれています。

小食にするとサーチュイン遺伝子が活性化され細胞を修復し若返りを促します。傷ついた細胞を修復してくれるので、内臓や腎臓、肝臓などの細胞も修復してくれます。

1897(明治30)年の設立以来、食事療法だけで病気を治すスイスのベンナー病院で、難病の食事療法を勉強させてもらったのもこの頃である。さらに、コーカサスの長寿村に行く時、必ず立ち寄ったモスクワのニコライエフ教授の断食病院で、講義を拝聴したり見学をさせてもらった。 こうした種々の経験を通して、「食生活がいかに、健康や病気と関わっているか」を学ぶことができたし、モスクワの断食病院では、ガン、心臓病、高血圧、精神病等の病気が治っていくのを見て驚いたものであった。

食べない健康法 石原結實

また重要な臓器の負担が減るので、疲労も和らぐなどまざまなメリットがあります。実際、少食や断食することで精神的な病まで治された方が多くいます。

食べないということが体の自然治癒力を高めてくれる、言い換えれば人間の病を治すのはもうすでに人間に備わってる、薬が人を治すのではなく、治すのはあくまでも本人自身ということが言えます。

タモリさんやビートたけしさん、藤原紀香さんも断食をされたり1日一食をしていたりします。ほかにも断食をして小食にしてから年収があがったという報告をされている方も多数いらっしゃるみたいなので、きっとすごい効果があるんだと思います。

ほかにも千葉真一さんやジャパネット高田の社長もそうですし、元ピンクレデイの未唯さんも一日一食です。海外ではスティーブジョブズ、ビル・ゲイツ、バラク・オバマ氏も小食でした。すごい面々の方たちも小食していたんですね。さらに南雲先生も小食で有名ですね。

小食にしてからの若返りがすごい。僕も断食をしてからブログを書く頻度があがりましたし、発想力などもましてきたなと感じます。また肌がきれいになって体が軽くなったので活動力もあがり、緊張の度合いも下がりましたよ。

また日頃の食生活によって消化酵素や代謝酵素が不足していたりするので、酵素がたっぷり入ったドリンクを飲む断食も多く行われています。断食だけでも十分効果があると思いますが、さらに効果を高めたい、綺麗になりたいと思われる方は酵素ドリンクを併用してもいいと思います。

オリーブやクエン酸豊富なレモン、75種類もの酵素が含まれているので断食の効果を高めたい方にはおすすめです。

食べ過ぎているな、最近調子がよくないな。。。そう感じている方はまずは食べる量を抑えるところからスタートしてみるといいかもしれないですね。

それでは今日はこのあたりで、ありがとうございました。