美木良介のロングブレスがなぜ石原慎太郎の脳梗塞に効果が?

2020年1月28日

累計238万部という大ヒットしたロングブレスダイエット!わずか2ヶ月で大幅にやせるすごいダイエット法として注目を集めました。

今回は【金スマ】で元・東京都知事の石原新太郎さんの脳梗塞で苦しんでいる状態をロングブレスで回復させるという衝撃の特集が放送されました。

ユウキ

ロングブレスダイエットはただ痩せるだけではなく、継続することで体の調子がすごくよくなった!などの口コミもありますよね?

呼吸法によって脳の機能が回復することによって、体の機能まで回復することがあるのよね。

今回はロングブレス誕生のきっかけやなぜ脳梗塞にも効果があるのか?書いていきます。

記事内広告

ロングブレスダイエット(健康法)誕生のきっかけ

当初は美木さんが腰痛に悩んでいたのがきっかけ。30歳のときにジムでウェイトトレーニングをしているときに腰を痛めてしまい、その症状に苦しんでいました。

具体的な症状としてはくるぶしから脚の付け根までがしびれてしまい、車の運転をするときにも激痛に襲われ歯磨きをしていても首がいたくなってしまうというほど重い症状でした。

  • 整体
  • カイロプラティック
  • 気功

などに通ってもよくならなかったとのこと。

何をやってもよくならなかった腰痛が呼吸法で消えた!!

それから呼吸法について調べ始めて下腹部の丹田が重要だということに気づき、丹田を意識して呼吸法を続けていた美木さん。

呼吸法を始めて一ヶ月したころに左足のしびれがなくなった、、。30歳のときから22年間も苦しみ続けていた腰痛が呼吸法で消えたんです。

ユウキ

その後さらに継続していき呼吸法だけで2ヶ月13.5キロも体重を減量したという、、2ヶ月でこんなに体重落とせるなんて恐るべし、呼吸法!

さらにただ痩せただけでなく筋肉質な体にもなったんですね。

現在はという東京の赤坂で【ロングブレススタジオ】で実際に体験することができます。

ロングブレススタジオ

自分なら石原新太郎さんをもっと元気にできる、歩けるようにできる

過去ロングブレスを実践している方の中にもロングブレスを継続して歩けるようになったという実例があるから。

呼吸と脳の関係・呼吸にこそ回復の仕組みが隠されている

ロングブレス

呼吸を意識して長く吐くことで取り込む酸素の量も自然と多くなります。そして脳に取り込まれる酸素が増えると脳細胞が活性化します。

脳梗塞になると足を動かすように指令をだす脳の部分がダメージを受け歩けなくなる。しかし呼吸法によって脳の機能が回復すると別の脳の部位が活性化して変わりに指令を出してくれる。

神経の通り道が破損しても呼吸をしていくと神経細胞が活性化して新しい神経の道を作り上げてくれるため、結果歩けるようになる。

医学博士 末武信宏先生

丹田についての補足

丹田の場所はどこなの?丹田って??

丹田の場所は自分の手の人差し指、中指、薬指をおへその下にあてた薬指の下が丹田といわれています。

このエクササイズでなぜお尻をしめるのか?というとお尻を閉めると肛門を締め上げ、そうすることによって丹田に力が入る状態になるからです。

肛門を締め上げることで骨盤神経神経叢が安定して、丹田に力を入れることで太陽神経叢を安定させられると「中村天風の健康哲学」に乗せられています。

交感神経の過緊張を和らげセロトニンを分泌させ、神経系、内分泌系の働きが整えてくれる役割をはたしてくれます。セロトニンは痛みをやわらげてくれるホルモンでもあるので、痛みにも効果があるのかもしれません。

石原新太郎さんも実践した気になるエクササイズ法

まずは基本的な呼吸法はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=8Xi2vg7XG90

石原新太郎さんも実践した呼吸法は基本的に座って行います。3つのエクササイズが紹介されていました。

まずは呼吸の基本はこちら

足をクロスさせてお尻を閉め骨盤底筋をあげる!

おなかを引っ込めたまま息を鼻から3秒で吸って口から7秒かけて吐く

ユウキ

正直言うとこれだけでもかなりきついし、体が熱くなります。エネルギーの消費量が多いんでしょうね。基礎体温も上がりそう!

1.太ももを鍛えるロングブレス簡単スクワット

いすに座った状態から両手を大きくふりかぶって立ち上がる。座るときに息を吸い立ち上がるときに息を吐き出します。

  1. 椅子を用意して座る
  2. 口から息を吐きながら立ち上がる・このとき上半身は前傾
  3. 鼻から息を吸いながら椅子に座る
  4. この動きを10回繰り返す

大腿四頭筋をきたえ、歩行するための筋力を鍛える

2・腸腰筋を鍛えて足を上げやすくなりさらにおなかが引っ込む

  1. 椅子に座りながら片足ずつ30回繰り返す
  2. 吸って片足を上げ、吐いて下ろす

さらに詳しいやり方はこちら

気になる口コミは?

2019年12月13日Amazonで購入シニア向けと思っていましたが、二分間のエクササイズやロングブレスのトレーニングはかなりキツいです。終わった後足がガクガクします。第一弾を持っていましたがこの最新版はかなりバージョンアップされていますね!無駄な説明がなくてさっさと始めてくれているのも嬉しいです!さっそくお腹の筋肉ついてきて引き締まってきました。これからも毎日続けます!20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 身体障碍者にはきついが、通常の運動不測の人だと最高に効果あると思う。
それぞれ自分に合った程度で無理のないように取り組めばかなり効果がありそう。
腰痛にも効果ありそう。
私の実感です。
無理のないよに長く続けることがコツかな

さらにダイエット目的の方にはこちらがおすすめ!

まとめ

呼吸法ははるか昔から伝わってきたもの。緊張を静めたり、感情を穏やかにしたり体調をよくしたりなど幅広く活用されてきています。

書店に行けば多くの呼吸に関係した本も置かれています。

それくらい呼吸によって大きな効果を感じている人も多いのではないでしょうか?

いつでも簡単にできる呼吸法。継続は力なり!腰痛だけではなく、現在からだの不調に悩まされている方も試して見る価値があるのではないでしょうか??

それでは最後までありがとうございました。

健康

Posted by ユッキー