KindleのPaperwhiteのデメリットとメリットを比較!一年以上使ってわかったことレビューです!

2021年2月4日

どうも!年々インドア派なりつつあるユウキです。

Amazonでもお馴染みのペーパーホワイトですが実際に使ってみると、ちょっと、、という面も出て来ました。

僕がこのペーパーホワイトを購入した理由は、スマホによるブルーライトの害を防ぐため、そして本となるべく近い感じで大きな画面で電子書籍を読みたい、という気持ちがあって購入しました。

Kindle Whiteペーパーを買おうかどうしようか?迷っている方向けに、実際に使ってみて僕が感じた「ホワイトペーパー」のデメリットとメリットを合わせて紹介します。

記事内広告

Kindleホワイトペーパーのデメリット

デメリット1•スマホに比べて本をめくるスピードがややゆっくり、、

これが一年間使ってみて一番のデメリットではないかな?と思います。とにかくせっかちだ!と自負がある方はこのホワイトペーパーは向いていないかもしれません。

最初はページのめくり方が不自然、、というか慣れていないので違和感を覚えるかもしれません。

あとは画面が切り替わる時に黒くなることが。これは結構気になったりします。

デメリットその2・画面が白黒

写真の通り画面は白黒です。なので当然写真も白黒ですし、マーカーも白黒。漫画などは白黒です。

カラーではないけど、画面自体は綺麗と言った所でしょうか。実際にペーパーホワイトでオーフェンを読んでみましたが、画面は綺麗でした。なんというかジャンプコミックが画質がきれいになったと言うような印象です。

正直漫画を読むときはスマホやタブレット端末の方がカラーでより楽しく見られます。

デメリットその3・充電が必要

当然ですが電子機器なので充電が必要になってきます。本なら充電なんか気にする必要ありませんからね、、。

充電はusbケーブルで充電できるのでスマホの充電器などを利用してしまえば、パソコンにいちいち繋いで充電などの手間がかかりません。

あと、Wi-Fiに接続して本をダウンロードする必要があります。スマホに比べるとダウンロードは少し時間がかかります。

ただ、一度ダウンロードしてしまえば、ネットに接続していなくても、いつでも本が読めます

充電はこれだけでできちゃいます。

あと実際に使ってみるとわかりますが、バッテリーの持ちもいいです。1週間くらいは持つ感じですね。それほど頻繁に充電が必要というわけではありません。

メリットは?

メリットその1・軽くて手で持ちやすい程よい大きさ

実際に持ってみるとまず感じるのは、「想像以上に軽い」。軽いので持ち運びもとにかく楽。そして次のポイントは薄さ。

だいたい1〜2センチでしょうか?写真でみていただいてもわかる通り薄いので、鞄の中にもすっぽりおさまります。とにかく場所をとりません、、。なんせ実際の本より薄いですからね。

メリットその2・とにかく目に優しい

やっぱりスマホ画面ずっとみてるとすごく疲れるんですよね、、電車に移動やバスなどの移動で1時間もスマホで本を見ていると、かなり目が疲れて来て、目の下にクマが、、!!

ですがホワイトペーパーなら、

  • スマホ画面よりも画面が大きいのでとにかく見やすい
  • 本を見ているのと同じくらい目が疲れない
  • 文字の大きさを自分好みに変えられる

などかなり目にかかる負担が違うこともわかります。当初ブルーライトを気にしなくてもいいというのが目的でしたので文句なしです。

メリットその3・付箋やマーカー、しおりなど機能充実

実際の本だと気になるところがいくつもあると、付箋だらけになったり、笑
マーカーを引くと売れなくなってしまうために、遠慮して引けなかったりと悩みもあるかと思いますが、

ホワイトペーパーなら、

簡単にしおりでマークをつけることができるので、上の「移動」をタップすれば簡単にしおりを挟んだところまで移動できます。

ただ最初に挙げた通りスマホの方が反応速度が速くマーカーも色を選べるのでそういった点では少し不便さを感じるかもしれません。

これも馴れてしまえば使い勝手がいいです。ただ最初に挙げた通りスマホの方が反応速度が速くマーカーも色を選べるのでそういった点では少し不便さを感じるかもしれません。

メリットその4・アマゾンストアからその場で本を購入できる。

これはスマホでも同じですが気になるキーワードで本を探すこともできますし、タイトルを直接キーワードで打ち込んで探すこともできます。

本屋に足を運んで見るのも個人的には好きで、いい本にめぐり会えることもあります。

ただ、なかなか行く時間がない、、という方にはボタン一つでその場で買えるのでおすすめです。

メリット5・ブルーライトによる日焼けを防げる

スマホ焼け、、、という言葉ご存知でしょうか?スマホからでるブルーライトの光によって肌が日焼けしてしまい、老化してしまいます、、。

なのでなるべくスマホを使う時間を減らすことによってこの、「スマホ焼け」を防ごうという奥深い考えもあります。😏

意外に美容にも関係あるんですね。

時々電車に乗るときにペーパーホワイトを忘れてすまほで本を見ている時があるんですが、やはり目が疲れます…。あーしまった、ペーパーホワイト家に忘れて来ちゃったって言う感じになります(笑)

後はスマホで本を読んでると充電も気になりますよね?そういう時にペーパーホワイトがあればスマホの充電も節約できるので助かるなぁと感じました。

小説やビジネス書など、バスや通勤の際に読むのは最適だと思います。

Kindleホワイトペーパーコスパはどうなのか?

機種によって値段も変わります。防水機能が付いているもの、容量が多いもの、などによって値段も倍近く変わります。

僕はちなみに防水機能付きの値段が高い方をかいました。

正直に言えば高い買い物だな、、と思います。ただ一年使っても故障などもありませんし、持ち運びの便利さ、使い勝手の良さ、目に優しい、画面が大きいなどのメリットを考えれば、全然安い買い物と言えます。

この先何年もお世話になり続けるので、コスパはいいと僕は思いました。

防水だからお風呂の時間を使って本を読むこともできます。おとしたら、、、アウトですけどね。

本を読むのが好きな人にはおすすめ

  • 毎月本を2、3冊は読む。
  • 本は電子書籍で読む傾向が高い。
  • 移動時間に本を読みたい
  • ブルーライトが気になる

という方には是非おすすめしたいです。特に夜寝る前スマホを使っていると目からブルーライトの影響を受けて、目が冴えてなかなか寝付けなかったりします。

スマホでも十分使いがってはいいのでスマホでいいやという方もいらっしゃると思います。

Amazon Kindleホワイトペーパー購入を考えている方はこちらからレビューなども見れます。

容量は少なくてもいいし、防水機能もなくていい。コスパで選び!という方にはこちら!

スマホでも十分使い勝手はいいです。スマホでの Kindleアプリもたまに使いますが、アンリミテッド会員になると一部の本が無料で読める様になります。

https://menntarukyouka.com/アマゾンkindleが超使える本が安く手に入る/