貧乏ゆすりをする男性はどんなことを考えてるの?気になる心理について

2021年1月26日

職場や学校などで貧乏ゆすりをする人、いますよね?「なんでこの人は貧乏ゆすりしてるの?」単純に不思議に思う人もいればもしかして自分に対してあまりいい印象を持っていないのかな?など色々あると思います。そこで貧乏ゆすりをする男性の心理について考察してみました。どちらにしてもあまりいい印象は与えませんね、、。癖がある人は気をつけましょう。

記事内広告

貧乏ゆすりする男性の心理とは?

イライラしている

一番はこれです。イライラしている。でも何にイライラしているかは人それぞれ。自分の身の回りの生活環境などが思うようにいかなくていらいらしている、、そうしたいらいらが身体行動として現れている場合があります。夫婦関係がうまくいっていない、職場での同僚との関係、金銭面でのトラブルなどなど。

例えば目の前にいるあなたといるときに貧乏ゆすりをしていたとしても必ずしもあなたにたいしてイライラしているわけではない、、。ということです。しかし、あまり一緒にいていい気持ちにはならないかもしれません。そういう場合はそっとその場を離れて一人にしてあげたほうがいいかもしれません。

次の予定がつまっているから急いでほしい

人とはいろいろなタイプがいるもので、話をするときにまず結論を求める人もいれば、最初から起きた出来事を説明して最後に結論を話す、と様々です。もし相手があなたの話を聞いていて貧乏ゆすりをしている場合は「早くしてほしい」と思っている可能性が高いです。

  • 話をはやく切り上げる
  • 結論をまずさきに伝える
  • 何か準備などをしている場合は早く済ませる(例えば夫婦であれば身支度や買い物など)

などとにかくスピードを求めている「早くしてほしい」という気持ちの現れで貧乏ゆすりをしていることもあります。状況によって変わるのでその時の状況によって何を相手が望んでいるのか?を考えてみましょう。

生活習慣のストレスが原因による貧乏ゆすり

自律神経の働きが乱れ脳が興奮状態にあるときや、交感神経が優位のときは人はついいらいらしがちになります。特に夜寝れていない、、、という人はかなりイライラしやすい傾向があります。暴飲暴食や夜ふかししてスマホばかり使っている。禁煙中であったり、近隣住民とのトラブルなど、今は様々な要因があります。

そうしたことが原因で自律神経の働きが乱れ貧乏ゆすりをしている場合があります。

貧乏ゆすりをすることで脳の興奮をしずめたり、いらいらを抑制するという機能もあるらしいです。どちらにしても貧乏ゆすりをしている人はストレスレベルが高い傾向があるのであまり関わらないほうがいいかもしれません。職場や彼氏などで貧乏ゆすりが癖になっている人には少し気をつけたほうがいいです。

さらに「自分の思い通りにならないと貧乏ゆすりをする」という少し子供っぽいところがある人もいるので気をつけましょう。

最後に

貧乏ゆすりをする人は少し短気な傾向があります。人間関係のトラブルなどに発展しないようにあまり関わらないようにするのが無難です。また何かお願い事をするときなどは貧乏ゆすりなどをしていない、リラックスしているときにお願いするといいです。そしてこれから関係を築いていくつもりの職場での同僚やビジネスパートナー、彼氏彼女でこの癖がある人には少し気をつけたほうがいいです。

何かトラブルを抱えているかもしれません。