2020年投資信託運用で10万以上プラスに!500円でも購入できるよ

2021年2月16日

こんにちは、ユウキです。私が資産運用という考えを初めて知ったのはこの本です。知ったのはこの本ではじめたのはバビロンの大富豪の教えという本を読んでからです。

で、私が投資信託を始めたのはちょうど去年の1月。コロナが騒がれる少し前です。そう、、、ちょうど始めたばかりでコロナによる暴落をくらいました。はじめた直後です、、。

まずは1年間投資信託を積み立てていくらになったのか?をご紹介します。

記事内広告

投資信託2本立てをメインで今現在約うまい棒「9000本」プラスなり

はい、見出しの通りです。

わたしが使っているのは楽天証券です。最初は「3000円投資積立」の本に書いてあった「世界経済インデックスファンド」に積み立てていました。しかし先程も申し上げたとおりコロナですべての積立はマイナスになりました。

その時怖くて全部マイナスの金額で手放したんです。なのでそのときは大きなマイナスになっていました。
それでも暴落はチャンスという考えもわき、暴落している中で投資信託をもう一度購入したのです。

投資信託何を使っているのか?

私は「netwin gsテクノロジー株式ファンド」というものをメインで積立をしています。積み立てた金額は「35万円です。」そしてこちらは現在うまい棒9000本ほどの含み益を出しています。

そしてもう一つはだいぶ遅れてはじめた「emaxis SLim 先進国インデックスファンド
こちらは4万円ほどしか購入していません。それでも現在「3100円」の含み益です。

あとはもう一つ。楽天のたまったポイントで積立を毎月していく投資信託を先月からはじめました。これは500円でプラス15円含み益でてます。

仮に10倍にして5万円なら1,5千円プラスですね。

で、最初に紹介した「ゴールドマン・サックス」の積立は年二回配当金がもらえるのです、はい、、。その配当金はうまい棒1400本ほどの金額をいただきました。

投資信託はコツコツつづける

本などによると一度にどかっと買うのがいい、、。という話もあります。確かにタイミングがコロナの暴落の底あたりであれば一度にどかっと買えばものすごくプラスになっていることでしょう。

しかし、タイミングが悪ければめちゃくちゃ大きなマイナスにも転がります。一番いいのは「上がっているときも、下がっているときも」買い続ける。これがおすすめです。

ちなみに分配金は毎月分配型というものもあります。私も最初それを買っていたんです。「明治安田生命の毎月分配型投資信託」これもコロナ前に積み立てていました。

トータルで1400円くらい配当金もらいましたが、こちらはコロナのあと回復していません。なので配当金をもらってもプラスではなく、元のチャート自体が上がらないのでプラスにもなりません。

なので毎月分配型はやめたほうがいいと私は思います。

本を読んだら即実践がいい

正直、もっと早くこれを知っていたら今頃かなり金額はプラスにできていたのに、、、という後悔もあります。しかし、今しれて良かった!!という考えもあります。

正直私の周りの人に話しても理解もされません。してくれなくても別に構わないんですがすごく損をしているなと勝手に思っているだけです。

私の職場の同僚では子供が最近生まれたので子供のために「保険で積立」をしているようです。子供が成人したら200万渡せるようにする、そういった保険です。正直投資信託に積み立てていれば200万にもっと大きな金額がプラスされるのに、、、。

もったいないです、、。

とにかく実践することでしか自分の人生を変えていくことはできません。

早速興味が湧いた!という方は楽天証券おすすめします。とくに「楽天カード」も持っているユーザーであればポイントが積立のときに貯められるのでおすすめです。