投信積立50万円でプラス17万円!貯金より資産運用をしよう!

こんにちは、ユウキです。コロナ前から始めていた投信積立が結構な金額プラスになりました。配当金も含めれば3年でプラス20万くらいですね。

貯金なら資金が減ることもありませんが、増えることもありません。どうせそのままにしておくなら賢く資産運用しませんか?

記事内広告

最も損が少なく安定的なインデックス投資

今回私がしていたのはインデックス投資。毎月2,3万円分を投資していく運用法でした。購入していたのは「netwin ゴールドマンサックス」というもの。コロナショックで暴落したときに買ってもう売却はしてしまいましたが毎年2回の分配金も入るかなり利回りがいいものでした。

50万ほどもっていれば1回に付き12000円ほどの分配金が入るのでかなりありがたかったです。

もちろん米国株のナスダックなどの指数が下がったりすれば評価額も代わり変動はします。しかしそうした変動も関係なしにコツコツ積み重ねていくのがこつ。それを重ねていけば結果+17万ほどの含み益と分配金が加算されていました。

貯金では資産はつかわなければ減ることはありませんが、増えることもありません。

現金の貯金と余裕があれば残りの2割などを運用に回していくだけでも結構美味しいです。

インデックス投資のメリット

株式投資と違って暴落などで大きく資産が減ることがありません。毎月コツコツ重ねていくので価格が下がっているときも購入しているので、価格が下がって含み益がなくなっても関係なしに積み重ねていけばプラスになっていきます。

ほおっていく投資スタイルなので、長期的に右肩上がりの米国株に対する投資としては最適。数年単位でみていけば大きなプラスになると思います。