デビットカードを作るならVISAとJCBどっち?種類によって使えないことも

2022年5月31日

デビットカードを作る際、VISAとJCBどちらにしようか迷うことありませんか??

この記事ではそれぞれの特徴を調べて記事にしてみました。

記事内広告

JCBカードのメリット

JCBカード優待店

セブンイレブン、スターバックス、アマゾン!この3社でのポイントは最大で10倍ポイントがつくことも!今なら新規入会特典で6/30日までアマゾンを利用した価格の20%分がプレゼントという嬉しいキャンペーンもやってます。

普段からスタバやアマゾンなど利用される方は多いと思うのでこのポイントの付与率はありがたいです。嬉しいポイント還元はいつでも2倍となっており、海外での旅行損害保険も最高2000万円付帯されています。

カードの決済手段が豊富

VISAカードには最近CMでも紹介されているカードをかざすだけで決済できるものも登場しています。それ以外にもスマホなどお財布携帯にチャージをしてかざす。他にも電子マネーへのチャージもできます。

JCBホームページはこちらからアクセスできます。

年会費も永年無料!

女性限定JCBWプラスで優待ももらえる!

女性の方はスタバを利用される方も多いです。またJCBトラベルで使える1万円分の利用券やコスメの割引など様々な特典もあります。

デメリットはこれ

JCBはカード会社3社の中でも手数料が高く、使えないお店もあるのでそこがデメリット。私もJCBのデビットカードを利用していますが、お気に入りの喫茶店などでは使えませんでした。

VISAカードのメリットは?

使えるお店が多いです。クレジットカードをもっていってたとえばJCBは使えません、、なんてことも。その時現金がなかったら、、など少し恥ずかしい思いをすることも。

そう考えるとVISAのほうが安心です。実際私もJCBのデビットカードで支払いしようとしたら使えないといわれ、もう一枚あったVISAで支払いました。

ポイントが貯まる

Vpassポイントというものがたまります。

その溜まったポイントはTポイントやauウォレット、アマゾンポイントなどに交換することもできます。また景品交換することも可能!さらにデビットカードなら支払いにポイントを当てることも可能です。これは嬉しい。

チケットを安く買うことができる

Vpassチケットで安くチケットを買うことができます。ミュージカルや宝塚などのチケットも買うことができます!

宿泊と航空機を予約で他社よりも安く予約できる

お得ポイント

エクスペディアならオトクなクーポンや割引も!8%引きや2500円オフなどのオトクな予約も可能です。さらに旅行時の支払いでもポイントがたまります。

最後に

どちらもメリットがありますね。自分がどんな場面でよくデビットカードを使うのか?などポイントのため方やプレゼントやクーポンなど使い所が満載なので、オトクな方を選んで使いたいですね。