アルミサッシについた剥がれない結露防止シールの剥がし方!実践済み!

100均で買った結露防止シール。これほど貼ったことを後悔したことはありません。やはり100円品質だ、、。しかも賃貸物件できれいにしないと退去時に費用が増える可能性がある!どうしよう、、、、。

そんなあなたに実際に私が剥がした方法を紹介します。正直ちょっと根気はいります。粘着力がへんに半端なくてほんとうに剥がれないので。

アルミサッシを傷つけずかつきれいに取るにはどうすればいいのか??を紹介します。

記事内広告

アルミサッシのシールを剥がす方法

これどうやってとるの??ネットで調べた方法をためして最も効果的なのは「熱」です。

ドライヤーで熱をシール部分に30秒ほど加えます。こうしてシールの粘着を弱めて性質を変質させていきます。そうしたら次は硬いヘラのようなプラスチックの材質をつかって剥がしていきます。

こうすると粘着部分がきれいに取れていきます。この工程を何度も繰り返していきます。正直ちょっと力をいれないとなかなか取れないです。へたな洗剤などを使うとサッシの下に成分がはいりこんで窓の動きが悪くなってしまうので気をつけてください。

それでもいくらかとりきれないものが出てきます。それはクレ556を使ってマイクロファイバークロスなどを使ってこすればこの通り!きれいになります。金額は安くてホームセンターにも売られているので買っておけば何かとつかえます。

実際私はここのマンションを退去したときに大家さんも管理会社の方も何も言いませんでした。まずこの仕上がりなので絶対にわかりません。

まとめ

シールを剥がすためにはドライヤーで熱を加える、ヘラのようなものでこそぎ落とす。そして残ったカスをクレ556で落としていく。凄くシンプルで簡単でしょう?

ただ根気だけはいりますので頑張ってください。