コンビニ弁当は体に悪い?危険?コンビニで働いていた人が・・・○○○

コンビニを通るとたくさんの仕事中の営業マンや土木の仕事をされている人がいます。繁盛しているなーと思いながらみつつも、私はいつも「こんな多くの人たちがコンビニを利用していてみんな体はだいじょうぶなのだろうか??」と心配しています。

というのも私の友達のお母さんはコンビニで長く仕事をしていて大腸がんで亡くなったからです。

記事内広告

コンビニ利用で亡くなった人たち

他にも毎日コンビニを利用していた同僚が仕事中に亡くなった、という話も聞きました。私の母の知り合いからです。それからその同僚は毎日手作り弁当しか食べなくなりました。私の友達のお母さんももともとはそんな生活をしていたようです。

もともとコンビニ弁当は余ったら経営者たちや従業員などに配って食べていたんです、それが今は食べずに廃棄するようにと変わりました。なぜでしょうか??それはコンビニ弁当をたべて体調を悪くしてやめてしまうオーナーたちが出てきたからでは??と推測できます。

せっかく加入してくれたオーナーが体調悪くしたら本部に入るお金も少なくなりますよね。

コンビニ弁当は添加物だらけ

コンビニ弁当と手作り弁当を比較した動画では手作り弁当は1日でわるく腐ってしまうのに対して、コンビニ弁当は常温でおいといても1週間は腐りませんでした。

私はこれを「死んだ食品」とよんでいます。腐る食品はまだ生きていてそれが体にとって糧となる、血肉になる。それに対して腐らないものは「体に入っても分解されない」腐らないので体に入ってもそれは消化されるまでに相当な時間とエネルギーがかかると思います。

お腹はふくれるというだけで、栄養面やエネルギーを逆に奪ってしまうと思います。先に紹介した元コンビニ店員のお母さんは「大腸がん」でなくなりました。あっという間でした、、、。聞いたときはすごくショックでしたよ。

本来人の体内にも微生物がいます。食品にもしかり、そして細胞が食品にも存在しているわけです。腐らないのはそうした細胞が変質してしまっているからで自然なものではない、人工物に変わってしまっています。人工物は時間がたっても腐らない。

だから個人的には食品はしっかりと腐るものを食べるようにしています。常温でもおいといて腐らない食品はあまり食べるものではないかなと思います。サプリやプロテインも使いますが、常用や飲み過ぎは体にはよくないんじゃないかな??と思います。

わたしもサプリメントアドバイザーとしてたくさんサプリメントを使っていましたが、腎臓や肝臓に負担がかかり不定愁訴のようになります。

コンビニ弁当を温めるのはうまいけど、体には最悪

電子レンジの仕様はマイクロ波を細胞に照射して熱を発生させて温めるというもの。その際にアミノ酸が自然界には存在しないものに変質する。ただでさえ添加物だらけで臓器にも負担がかかる上にアミノ酸変質によりさらに内臓にも負担がかかります。

日本は世界一のがん大国

こうした背景にもコンビニの店舗拡大や利用者拡大などもあるのでは・・・?と考えています。食べ続ければやがて行き着く先はそこだと。

やはり手作りににかなうものはないです。野菜や肉を自分で調理して作ったものはうまいしそのほうが元気がでます。最終的にはいわゆる「母の味」にはかなわないですよね。

健康

Posted by ユッキー