引っ越ししすぎてお金がない?家賃も引越し費用も抑えるためのコツ

2022年11月16日

嫌がらせがつづいて3回も引っ越すことになったゆうきです。引っ越し辛いですよね、、。退去費用も高くなりますし、初期費用も今は10万軽く超えて高い。そんな中少しでも安く抑えるためにはやはりどうやって調べるか?が大事です。

ここでは少しでも家賃を抑えるコツを紹介いたします。

記事内広告

結論・管理会社に直接問い合わせをする

これが一番安くなる方法です。一番高いのはとにかく初期費用です。私が契約したところは高いところだと27万もかかりました。実際もっと高いところはいくらでもあるでしょうが、資金が少ないときには痛い出費です。

そんな中で街にはたくさんの不動産会社があり、見積もりをだせばなかなかの高額金額を出してきます。そこで実際に物件を内見したときにかかっている看板には「管理会社の看板」がかかれているのでそこをメモして、直接交渉する方法があります。

これだけで「5,6万」は安くできる場合があります。私も最初入った物件は14万円だったところを3社見積もりして最終的に管理会社と直接交渉して8万円ほどになりました。かなり節約になります。

まずは検索サイトで物件で細かく条件をしぼって探す

一般的な検索サイトだと有名なSUUMO。他にもさまざまな検索サイトがありますがこれもどの検索サイトを使うかで金額が変わります。物件の掲載数がNo,1なので取りこぼしが内容に検索をかけることができます。

さらに電話でもメールでの問い合わせでも対応は早くしてくれます。

ここではSUUMOを使って条件を細かく絞って検索するパターン。

検索する地域も自分が探している地域も検索できますし、家賃から部屋数、階数、トイレバス別、防犯セキュリティ、ペット、洗面台、などかなり細かく自分の条件を調べることができます。

物件の内見の申込みをする

掲載されている物件を扱っている不動産会社に問い合わせをして内見を申し込みます。実際に内見しないと防音や綺麗さ、設備、床材、寒さや暑さ、周りの治安、住んでいる人たちの雰囲気などいろいろ気になることもでてきますよね。

いちど内見をしたあとは、管理会社の看板を探してそこに直接申込みをできるかどうか、直接電話などして確認。それが可能なら管理会社で契約をすれば仲介手数料など、何かしら金額がやすくなります。

基本的に他のサイトでも家賃や管理費などの費用は変わりません。変わるのは初期費用でかかる金額です。金額を抑える場合ならこの方法を一度試してみることをおすすめします。

契約前に他の不動産会社にも初期費用の見積もりをだしてもらいましょう

3箇所などで見積もりをだしてもらい、一番安いところで契約するのが間違いなく節約できるので必ず2,3社などで初期費用をだしてもらいましょう。

他にも金額を抑えるキャッシュバックや家賃1月分無料などの方法もあります

この場合は大手チェーンの不動産会社を利用するパターンがほとんどです。それでも金額がキャッシュバックなどがありますので、普通に借りるよりは安く抑えられます。

お金を簡単に誰でも手に入れられる方法はこちら↓

https://menntarukyouka.com/wp-admin/post.php?post=3540&action=edit