引っ越しだけ30万!高すぎる理由と安くするための方法!

引っ越しをするときお金がかかりすぎる。私は今年だけで隣人からの嫌がらせで2回引っ越しをしました。それだけでお金が50万近くもとんでしまいます。物件をさがしながら安くするための方法など紹介します。

安い物件から高い物件までいろいろみてきたなので、こうすれば抑えられる、という内容をお伝えします。

引っ越しでは引越し先の初期費用と退去するときの費用とともに請求がくるのでとても苦しいですよね。

記事内広告

敷金礼金なしの物件を選ぶ

敷金礼金なしの物件も簡単に探すことができます。このときに退去費用や違約金の支払金額にも注意しましょう。敷金礼金がなくても「退去修繕費」「ルームクリーニング代」など別の項目での支払いがあるものもあります。また不動産会社独自での設定もあるので、契約時にクリーニング代などは削除してもらいましょう。

これだけでも数万円は安くなります。

違約金は契約によっては2ヶ月請求があることも

1年以内に退去の場合違約金がほとんどの賃貸では発生します。基本的には1ヵ月分ですが、件によっては2ヶ月の請求が来ることもあるので注意しましょう。退去時にかかる費用もチェックです。

家賃・共益費以外にも別でかかるものをチェック

月額にかかる賃料が高ければ当然仲介手数料や、退去時の費用も高くなります。必ずSUUMOなどの検索サイトでは下の画像のように備考欄にかかる必要なお金が記されているのでしっかりと調べましょう。

家賃が安くても共益費に加えて、

  • 駐車料金
  • 水道料金
  • ネット料金
  • カードキーや鍵交換費
  • 前払い家賃1,2ヶ月分

これらも物件によっては変わります。基本的にどのサイトで探してもこのあたりの料金の内訳は変わりません。ただ初期費用の仲介手数料は交渉次第では安くなることもあります。通常は大家と借り主から50%ずつもらうのが法律的にはきまっていますが、ほぼ借り主から100%とってきますので、このあたりも交渉の余地はあります。

いらない家具家電は少しでもお金に変える

引っ越しにともなって荷物がたくさんあるとかなり大変ですし、引っ越しの費用も高くなってしまいます。労力も時間もかかりますので。そんなときは不要なものは「メルカリ」「ジモティー」などでどんどん売ってしまいましょう。大型のものは配送料が高くなるのでジモティーで売るほうが結果的には利益は高くなります。・

逆に本や服などはポストからでも発送できるのでそうしたサイズの小さいものは「メルカリ」で販売しましょう。

引っ越し費用を抑えるために自分で掃除・補修をする

部屋をきれいにしておくと、特に立会などがある場合には請求される金額が安くなることがあります。それだけでも節約になります。もちろん修繕費や礼金などもどってこないお金もありますが、敷金等の場合は部屋の状態がよければお金が戻ってくることもあるので、きれいにしたほうがいいです。

壁紙の汚れや床の傷などは100均商品でリペアできる

高いお金をかけなくても今は便利なもので100均でもプロが使うようなリペア用の道具が売られています。それを使って補修してしまえばまず、立会のときなどには気づかれません。まあ補修してあるので。じっくり細かくみればばれるかもしれませんが、基本退去したあとも同じようなリペアをするのでユーチューブで検索すればなんでもでてきます。

キャンペーンで入居費用が安くなっている物件を探す

ときどきキャンペーン物件などがあり、初期費用がなんと「5万円」という嬉しい物件もあります。めちゃくちゃ安いです。それ以外はかかりません。だいたい大家さんが安くして少しでも人をいれたいという思いからやっているものだと思いますが、初期費用はダントツで安く抑えられます。

フリーレント物件を探す

フリーレントは最初の1.2ヶ月は家賃がただになるという嬉しいサービス。ただし、1年未満での退去だと家賃は請求されるなど条件がある場合があります。契約時によく条件を確認してみてください。

こうした物件を探せばかなりお得に初期費用を抑えられますよ。

ビレッジハウスを選択肢にいれる

初期費用だけでなく月額賃料がとにかく安いのが魅力的な物件です。昔の雇用促進住宅がビレッジハウスと形をかえたもので、ソフトバンクの子会社が経営しています。

家賃は2DKで4万円しない物件などかなり破格ではあります。もちろん1人入居もできます。実際に住もうと申込みをしたことも内見をしたこともあります。空いている部屋によってはお風呂などの設備がコンクリむき出しのものもあったりするので、これは部屋を選ぶ必要があります。

畳がある賃貸物件は避ける・退去費用が高くなりがち

基本的にどれだけきれいに使っても畳の張替えがあり、その費用は全額請求されるのでビレッジハウスでもそうですし、他の賃貸物件でも畳がある賃貸は避けれるなら避けたほうが無難です。もちろん長く住む前提なら周辺環境や隣の人が良ければ入居するのもありです。

ジモティーを利用して引っ越しの手伝いを募集、依頼する

ジモティーでは個人事業主や便利屋などがいて安く引っ越しをうけおってくれる場合もあります。もちろんサービスなどは引っ越し業者のほうがしっかりしているとは思いますが価格を安く抑えたいならジモティーでの検索もしてみるのがおすすめです。

重い荷物だけを運んでもらい、細かいものは自分で運ぶだけでも安く上がります。また軽トラなどをレンタルして自分で運び込めばそれもかなりの節約になります。

退去前に破損箇所などを火災保険を使えるか聞いてみる

入居したときに家財保険や少額保証の部屋の保険などに加入するようになっていますが、この保険を使って解約できるかどうか確認してみるのも一つの手です。火災保険といっても火災時以外にも破損した家の修理、リフォームなどの使い方もあります。

せっかくお金を払っているので、解約前に一度確認だけしてみるのをおすすめします。

マイホームの修繕にも使える可能性がある火災保険

実家などで両親が暮らしている家の補修などもどうしても必要です。そんなときに貴重な老後のお金を使わずに保険を利用するという方法があります。

こちらは専門家の診断がないとまず自分ではもらえないので気になる方は診断してもらうことをおすすめします。