超節約!マイホ−ムの修繕を払ってもらう方法!

火災保険を使って実際に修繕した方もいます。屋根や壁の補修などに利用したとのこと。使う機会もめったになく支払うばかり、、。せっかくの使い道があるなら賢く使いましょう。

いまは生活費がどんどん増えていってるので少しでも節約したり、保険なども活用していきましょう。

記事内広告

火災保険や地震保険で自宅の修繕??

基本的にまず聞くことはないと思います。しかし火災保険や地震保険には加入している人は多い。

  • 条件は築5年以上所有している
  • 火災保険、火災共済に加入している

申請が通ったときにもらえるお金は91万円。

もしいまの自宅に修繕が必要なら一度調査を依頼してもらうことをおすすめします。成功報酬型なので、調査にお金はかかりません。調べてだめならだめでそれだけです。

リスクなしで修繕費が手に入る可能性もあるのでもし今の自宅に不安、また大きな出費を避けたいのであればおすすめします。自宅だけではなくアパートやマンションなど法人の方でも対象となります。

主な修繕箇所

実際に給付に至った実績まであります。

対応している箇所も豊富

火災保険は台風・雪・雨・雷などの自然災害はもちろん、車の衝突やイタズラなど多くの被害に対応できる万能な保険です。

また被害の大小ではなく事故原因が補償範囲かが重要なため、ご自身で被害の実感がなくても保険金を受け取れるケースが多いのです。

地震保険にも入っていれば、地震やそれに伴う火災や津波などの被害も補償範囲となります。

保険金の使い道は自由

受け取った保険金の使い道は加入者の自由です。
必ず修繕やリフォームに使用する必要はありません。
将来の蓄え(貯金)にしたり、気になる箇所だけリフォームするなど自由に選ぶことができます。ります。もし家の修理や気になるところがあれば一度診断してみてもらうのはいかがでしょうか?

やって見る価値しかないと思いませんか?