賃貸住宅のホルムアルデヒド臭・私が臭いをとるためにしたこと

2023年1月31日

新しく大和リビングの賃貸アパートに引っ越しました。内装はきれいにリフォームされていたものの内見したときにもかなりきつい臭い。私はリフォーム臭と思っていたのですが実際に住んでみると臭さで喉の痛みと頭痛に悩まされいろいろ調べた結果、ホルムアルデヒド臭だとわかりました。

現在はまだ少し臭いが残っていますが、私がしたことを書いてみます。

記事内広告

ホルムアルデヒド臭を早く消すためにすること

まず最初はとにかく換気をしつづけること

この臭いを嗅いだままにしておくと中毒のような症状がでてきます。頭痛や吐き気、のどの痛み、それが長期間続けば深刻な健康被害も考えられます。私は真冬で寒かったですが換気を続けました。とはいってもアパートの1階部分なのでとてもじゃないけど防犯上ベランダ側は開けられなかった。

なのでキッチンの窓とお風呂場、トイレなど開けられるところは開けて空気の流れをつくりなんとかすこしでも空気をきれいにするようにしました。

管理会社にすぐにいったほうがいい。業者を依頼してくれる

管理会社にはなしたらすぐに業者に依頼してくれて、「臭いを消す薬剤」と「臭いを発生させている薬剤を除去」する2種類を施工してくれました。それが終わったらかなりましになりました。

それでもまだまだ臭いは残っていました。

臭いは衣類や毛布に全部移る・あえてそうさせて素早く落とす

臭いも目には見えない微小な粒子がまっているので、それが原因で部屋中に漂い、ソファーから毛布、洋服など全てに臭いがついてしまいました。それを利用して毛布など大きなものを部屋に敷きっぱなしにしてそれに臭いをあえて吸着させて、洗濯をして洗い流す。

また洗わなくても外に干してはたいたりすると臭いがそれでもかなり取れるので、それをひたすら繰り返す。そうすると部屋の臭いもぐんぐん取れていきます。

布団やベッド・ソファーにも臭いがつくので外にだして臭いをとらないと、寝てるときにも臭くなってきます。一番いいのは内見したときに臭いところは入らない。それが一番ではありますが。。

匂いの発生場所を覆う

私の物件は床がリフォームされていて、床から匂いが発生しています、そのため100円ショップで売られているマットを敷き詰めたり、大きなマットをしいて床を覆うなどして、匂いが部屋のなかに漂うのを防いでいます。

実際これをするだけでも結構違います。夜喉の痛みや頭痛などもなくなります。

また壁紙なら賃貸用のはがせる壁紙で覆ってみるなどの方法があるかもしれません。一番いいのは臭いがきつい物件は最初から選ばないことですね。

ホルムアルデヒドは有害だと思う

喉の痛み、頭痛、その状態が続けば人体にもおそらく深刻な状態を作ると思います。やはり早く取り除くためにある程度はお金が必要だと思います。

臭いをとる薬剤を自分で買う

私も頼もうと思ったのですが業者が対応してくれたので今回は買いませんでした。ホルムアルデヒド臭をとってくれるスプレーになります。

またこちらにもホルムアルデヒド99%除去してくれる薬剤が販売されていました。

正直こちらに関してはレビュー全然良くないですね(汗)

こちらは評価は何回か繰り返せば臭いが改善されてくるというレビューが多いです。やはり私のアパートも業者にお願いしても、時間が立つとまた臭いが戻ってくるのはありましたので、そこは仕方ないと思います。

こうした薬剤も合わせつつ、臭いがうつったらすぐに洗って臭いを落とす、こうして繰り返していけば臭いはだんだん消えていきます。

一番いいのは業者にお願いすることですね。お願いしても完全に除去は難しいです。ある程度の時間はかかりますので、そこだけは忍耐しましょう。