貧乏な人は部屋が汚くストレス高く部屋がキレイな人は年収が高い!

2021年2月4日

あなたは整理整頓は好きですか?中には部屋がもので溢れているという方もいるかもしれません。僕もそういった傾向がありました。(汗)

お金持ちに共通する点としては部屋が綺麗でものが少ないということがよく挙げられています。

じゃあどうして部屋の綺麗、汚いが年収に関係してくるんでしょうか?

ユウキ

僕個人としては部屋を片付ける=問題を片付けることと同じだと思います。掃除をできる人はお金の管理もしっかりしているイメージがあります。

今回はそんな点を書いていってみます!

シンプルに片付いた部屋は頭もすっきりする。

記事内広告

部屋を汚れるままにしていませんか?

ある週刊誌が年収を大きく割り込んでいる人の部屋を訪ねるという企画をした際に5つの特徴があったと報告があります。

その5つとは

  1. 使わない、使えないものが溢れている
  2. トイレ、お風呂、キッチンが汚い
  3. マンガ、ギター、ゲームなどの趣味関係のアイテムが多い
  4. ゴミを溜め込んでいる(ゴミの日を把握していない)
  5. 古い電気製品を使い続けている

冷蔵庫の中に、賞味期限が数年間過ぎたものとかある場合は要注意です!他にもゴミを捨て忘れることが多くて、ゴミが部屋に溜まっているなども気をつけたいところです。

僕の身近な人にもそういう人がいました。やはり頭が回らないといことが多かったです。仕事を教えてもすぐに忘れてしまう、やり方がわからないなどの傾向がありました。

僕も以前は部屋に着ない洋服が散乱していたり、掃除を何日もしないなどの状況がありました。そんな時は、ただ、部屋でダラダラとだらけた生活を続けていました。

部屋が綺麗になると何かを始めよう、例えば、筋トレやヨガだったり読書だったりと、活動的になったりしましたよ!

部屋の片づけを先延ばしにする人はほかの事も先延ばしにする傾向があります。それは仕事でもそうですし、健康に関してや何か新しいことをはじめたり、自分の人生にとってプラスになるような習慣なども、先延ばしにする傾向があります。

仕事に来る人を観察していても、そうした普段の生活が仕事にも現れていたりするので、たかが掃除と考えずに取り組んでいきたい所です。

トイレの綺麗さと年収の高さ、ストレスレベルの違い

■ 低ストレス女性は「掃除」「環境作り」、高ストレス女性は「瞑想」「新聞・雑誌を読む」

厚生労働省のストレスチェックの基準で算出した高ストレス女性(77点以上)と低ストレス女性(39点以下)を比較したところ、低ストレス者は「快適に過ごせる工夫をしている」(1.71倍)「トイレは必ず蓋をする」(1.42倍)と環境を整える傾向にあり、「トイレ掃除は毎日する」(1.45倍)「用を足すたび少し掃除する」(1.32倍)と、掃除意識の高さもうかがえます。一方高ストレス者は、「瞑想や考えごとをする」(2.12倍)「新聞や雑誌などを読む」(1.71倍)と、本来の目的以外への意識が高いようです。

低ストレス者は冷蔵庫の掃除・整理整頓意識も高く、掃除はストレスオフな行動と言えるでしょう。

引用元 FNN PRIME

掃除をすると気持ちまですっきりしますし、掃除で世界的な有名人になった「こんまり」さんがいますね。それくらい掃除というものは必要なものかもしれません。

こちらのデータでは、トイレの掃除を刷る人ほどストレスレベルが低いとあります。そして世帯年収が800万円以上の人たちのほうが、毎日トイレ掃除をする習慣があるということからも、

掃除と年収にはなんらかの関係があると言えそうですね。

部屋を片付けない人は、引きずりやすい

これはどういうことかというと、何か問題が起きたらそれをズルズルと引きずってしまうということです。

部屋が散らかったらすぐに片付ける人は、問題を放置せずにすぐに取り掛かり解決するために動いたりしますが、

部屋が散らかったままの人は、問題もそのまま放置してただ考え続けてしまうという傾向もあります。

つまり、部屋の片付けをしない人ほどストレスを溜め込みやすいとも言えるかもしれません。

余分なものを買わないようになるとお金も貯まる

貧乏な人は収入の殆どを使い切ってしまい、それも自分の趣味などで散財してしまう傾向も強そうです。

そうした点に関しても、本当に必要なものを購入するようにしたりと、計画的にすることで、自制心も磨かれ、余計な買い物も減り、お金も貯めて行くことができます。

お金持ちほど余分なものを買わずに必要なものを買う傾向があるそうです。

部屋を掃除しておくとどこに何があるか?すぐにわかるように整理整頓されています。状況を把握する能力が磨かれることにつながると僕は思います。

家の中や外回りなどを整頓したりすることで、計画的に行動できる能力が身につけられます。また人は視覚によって大きな影響を受けるので、

  • 不必要にコンビニやスーパーによらない
  • 部屋を片付けして不足しているものと、あるものを把握しておく
  • お金は使い出すとどんどん消費するような癖ができてしまうので、自制心を働かせる。

なども必要なことです、また部屋が散らかっている人ほど、財産も散在しやすい傾向があります。

なかなかお金が溜まらないという方はこちらの記事もおすすめです。

部屋が汚いと、臭いが、、、。

仕事をしていたりすると、生活臭を漂わせているお客さんなどもきたりします。臭いでどんな生活習慣をしているか?などもある程度想像できてしまいます。

男性も女性も臭うとそれだけで人間関係がハードモードになったりします。無意識に避けられてしまったり、相手からの好意がなくなったり、、。

実際僕もデートをしたときに相手の女性がちょっと臭ったときがあり、そのときにはやはり、相手に魅力を感じませんでした。言い方はひどいかもしれませんが、テンションもだだ下がりです。

なので部屋をきれいにしておくことは大切です。

部屋をきれいにしておくことでセンスも磨かれる。

職場で身なりを綺麗にしていること、そうでない人の違いは仕事にも現れます。身なりが汚い人は、仕事も雑な傾向があります、そうすると職場での評価も下がり給料にも響いてきたりします。また使い終わったものを元の場所に片付けるなどの、そうした場面にも普段の生活が現れてきます。

日頃から部屋をきれいにしておくことで、いろいろなメリットがあります。

さらに思考もすっきりして、順序良く考える力が身についたりもします。

部屋を綺麗に保つ方法

床に物を置かない

床に物を置きっぱなしにすると部屋がかなり汚れているように見えます。また荷物で部屋のスペースが狭くなったような感じがして、スッキリしません。

埃もたまりやすくなるので、収納スペースを設けて定位置に収納するのがおすすめです。

朝起きたらベッドを整える

ベッドがぐちゃぐちゃしているだけでも、見た目があまりよくないように見えます。毎日起きたらベッドを整えると気分も違いますよ?

ホテルなどに行くと必ずベッドメイクされていてとても綺麗ですよね。同じようにベッドを綺麗にしておくとすっきりします。

用事をすぐに済ませる

以外に難しいのが自宅に届いた書類などをすぐに片づけること、、。僕は結構ほったらかしにしてしまったりするので、なるべく届いた日かその次の日に片づけるように心がけています。

いつまでもほっとくとまた新しい書類が届いたりとやることが少しずつ積み重なってきて「あれもやらなきゃ、、これもやらなきゃ、あーーーやることだらけじゃん」となりかねません。

一つ一つすぐに片づけておけば心にも時間にも余裕が生まれます。

不要なものを捨てる

不要なものは自宅に結構あるものです。買ったもののほとんど着ていない服とか、使わなくなったものの処分に困っている家電、お土産でかってきて埃をかぶったままのグッズなどなど、、。

「せっかく買ったのにもったいない」と思ってつい置いておくと結構場所をとったりします。思い切って捨てるというのも時には必要なことです。

不要なものを捨てるだけでも部屋が片付いて、新しいことにチャレンジする時間を生み出せたりします。

ユウキ

筋トレとか英語の勉強とかブログであるとか、きれいな時のほうがはかどります。

あなたの部屋は結構物が散乱してたからね、あれだと気が散っちゃうわよね。

まとめ

部屋の片付けができる人は、計画的に物事を進めやすく行動的な人とも言えると思います。整理整頓や、手順を決めて頭をよく使う人です。そうした日頃の行いがそのまま仕事にも現れてきます。部屋を日頃から綺麗にしておくことで手順を決めて効率よく仕事ができるようになるんです。また余分な出費も減らすことができるので、お金も貯まりやすく、仕事でも評価されることが増えてきます。

それが結果的に収入を上げることに繋がります。

僕自身も仕事で手が空いたときに掃除を良くしていたんですが、そうした姿を評価され給料が上がったことがあります!

なので、今日から早速部屋の片付けなどを実践していきましょう!